HOME > ブログ > 輪行 > 飛行機(海外)輪行に最適なバックは?

ブログ

< リヤコグのカスタム?  |  一覧へ戻る  |  ROTOR 新型クランク ALDHU 3D+ 入荷 >

飛行機(海外)輪行に最適なバックは?

2015年に書いたブログですが、消えていたので再度発掘

 

ロングライドシーズンですね~~

 

& 海外ツーリングも増えてきました。

 先日 来年のPBPが って話も有りましたし。

そんな、海外ツアーに参加する際に、自分のバイクを運ぶのって

不安が・・・・・

そういう意見って結構聞きますよね。

しかし、適切なケースを選べば、全く問題なく運べますよ。

 

ホノルルセンチュリーライド ツアーメカニックを5年(今年で6年目)
海外ロードレースに帯同経験もあり、海外グランフォンドも走り
ツールド沖縄には、何回行った??8回か? 9回か??

そんな店長 栗田から、メカニック目線でお勧めする キャリングケースのタイプをご紹介します。

 

いろんな方がいらっしゃいますので

タイプを4つ位に分類して。

 

年に2~3回、飛行機or長距離輪行の予定がある。&何年か続ける

Yes という方 Aタイプ

No と言う方  Bタイプ

 

バラバラの自転車から自分で組立調整出来るよ!

Yes という方  Cタイプ

No  と言う方  Dタイプ

 

この 2X2パターンで

AC・AD・BC・BD の4パターンに大きく分けられるかな??と。

 

では、先ずは、

 

1:初心者だし、そんなに何回も行きません! という
BD タイプ

 

この方には

コーワ BTB 輪行箱 をオススメします!

理由は、箱自体がそんなに高くない。(4,800-)

2~3往復なら使える。

そして、最大の理由が

ハンドル&ペダルを外さずに、箱に入る! です。

さすがに、前後輪は外す必要がありますし、サドルは下げる・もしくはピラーごと抜く必要がありますが、それだけです。

これは、簡単。

 

2:自転車分解したくない 
けど、何度か飛行機or長距離輪行の予定があるという
AD タイプ

この方は、SICONのような、キャリングケースをオススメします。

当店が輸入する ALEROもこのタイプですね。

ケースは、ALEROならば、39,000-です。

バイクは、前後輪を外すだけ。 ケースの中でバイクは固定されていますから

安心です。

そして、ケースにキャスターが付いているので、電車等での移動の際も便利です。

自転車の収納方法などは

この動画で 御確認を!←クリック!

 

3:自転車の分解組立は気にならない。
だけど、何度も行かないよ。。。 という
BCタイプ  の方には

 

自転車屋さんで、箱 もらって下さい。

箱代 ほぼ タダ です。

が、自転車はかなり分解が必要です。

前輪・ハンドル・サドル・ペダル・ワイヤー類・後変速機 を取り外し

キレイに梱包する必要があります。

当然、組立時に 調整なども必要です。

 

4:自転車の分解組立は気にならない。
そして、何度か飛行機or長距離輪行の予定があるというかた。
ACタイプ の方
ですね。

 

この方には、

最近話題の バイクサンド は如何でしょう。

バイクを、2枚のダンボールケースの間に釣るように固定する事で

破損を防ぐ という新しいタイプのバイクケースです。

利点も多いのですが、前輪・後輪・ハンドル・サドル・ペダルを取り外す必要があります。

 

さらに、

5:昨今は、大きな荷物は料金が掛かる。

しかし、3辺(高さ+立幅+横幅)の合計が203cm以下なら、追加料金がかからないから・・

と、小さな箱に入れたいという意見も。。。

そういう方は、もれなく分解が付いてきますので

C タイプの方限定で!

ハンドル・サドル・ペダル・後ろ変速機を外す必要が有りますからね。

箱は・・・・

こんな感じ。

もしくは、自転車屋さんで自転車が送られてきた時の箱をもらって、切って小さくする?

 

 

 

以上の 5タイプ が考えられるのですが

私 栗田のオススメ・ そして、ツアーメカニックとしてのオススメ

 

BTB輪行箱 もしくは ALERO キャリングケースタイプ です。

 

理由は簡単! バイクの分解が少ない

バイクを梱包組立する際に、何箇所もネジを緩め、締め直していると

現地でネジが無いとか、締めすぎて壊した とか

締まってなくて、ハンドルが動いた!! とかのトラブルを良くお見かけします。

また、分解したのはイイけれど、ちゃんと組立できていない(本人は出来ているつもり)という方も。

その為に、現地でネジや部品探しに走り回ったことも有りました。

 

まだ、私達のようなメカニックが同行していれば良いですが、そうでなければ、それで終わりですよね。せっかくのツアーが自転車に乗れない。。。なんて成ってしまいます。

 

なので、分解箇所の少ない BTB輪行箱 もしくは ALERO キャリングケースを強くオススメ致します。

 

延べ1000名以上を見てきた経験からの意見でした。

 

カテゴリ:

< リヤコグのカスタム?  |  一覧へ戻る  |  ROTOR 新型クランク ALDHU 3D+ 入荷 >

同じカテゴリの記事

2018/05/27club pk輪行

club-pk 輪行ツーリングで箱根を堪能してきた!

今回の club-pkツーリングは 輪行で箱根をぐるっと一巡りしてきましたよ。   千葉からだと、箱根ってかなり遠いイメージ。 当然走って行くと、片道で終わっちゃいそうな(;...

続きを読む


2018/03/17輪行雑談

輪行ツーリングも楽しいですよ

先日は、休みを利用して 伊豆&箱根を一回りしてきました。 当然?? 走って行くなんて事はしませんよ。 内房線 八幡宿駅から 東海道線 小田原駅まで 輪行です。 輪行とは、自転車を...

続きを読む


2018/03/13アクセサリー輪行

輪行関連コーナー 出来ました

春ですね。 気持ちの良い季節に成りました。各地でイベントも花盛りです。   イベント会場に向かうまで や 走りたい地域に向かうまで って、どうやって移動しています? ...

続きを読む


2017/12/14輪行雑談

輪行って楽しいですよ

先日、お休み(定休日)を利用して 日帰り輪行ツーリングに行ってきました。   輪行とは、自転車を{ある程度}分解して専用の袋(もしくはケース)に入れ 列車等の交通機関を使用し...

続きを読む


2017/06/27club pk輪行

太魯閣 カッテにヒルクライムチャレンジ!

台湾の武嶺と言う場所をご存知でしょうか? なんでも、東アジア一般道の最高標高地点らしい。 その標高は、3275mだとか。 当然乗鞍よりも遥かに高い場所。 その武嶺に向かって登るヒルクライムレースが、...

続きを読む


Page top