HOME > ブログ > ハンドル > ハンドル HCA1 & ステム STMAA1 付けて見た

ブログ

< ワイヤー内蔵 対応ステム も登場です。  |  一覧へ戻る

ハンドル HCA1 & ステム STMAA1 付けて見た

はい!

ハンドル & ステムが揃ったので組み付けましょう。

今まではハンドル&ステム一体型

これを ハンドル・ステム別体 で、フル内蔵なんてのに交換するんで

手間が・・・・・・・

どうすれば???????

 

と悩む事数分・・

考えるだけ面倒なので、まずはヤリマショ

⦅メンドウなんかい!⦆


ヘッドパーツのトップキャップも対応品に交換。。

で、アウター4本*ブレーキ前後 & 変速前後 が通った状態に。


でここにステムを通して・・・

んで、そのアウターをハンドルにそれぞれ通して・・・

(ここの作業は、写真撮る余裕なんかない! & まだ見せられる物じゃない)

 

で、通りました。


ブレーキレバーも組み付けて・・

横から見ると
こんな感じです。

*私は、カンパ RECORD 12sを使用中

ちなみに、シマノのレバーだと

こんな感じ(ハンドルだけね)

 


付けて見たので、少し走ってきました。

超簡単なインプレですが

まず、静止状態でハンドルを思いっきりコジルと、以前の物よりもシナリます。

カナリ薄い形状の為、やはり少しは仕方ないのかな。

しかし、走っている最中にハンドルがヨレル と言う感じは全くなし。

地面からの衝撃は・・・・・・・ 少しは減ってるのかな??

気のせいのような・・・?? と言う位。

人によっては、減ってる!と感じるかも。

ダンシングしながら登っても、ハンドルの不安感は無し。

まだスプリントはしていないのですが、この感じで有れば、問題ないだろうな。と言う感じ。

そうですね・・・ 軽量アルミハンドル と同じくらいの剛性感と言った感じですね。

 

今までのオリジナルハンドルは、軽量なうえに高剛性 でしたので

それとの比較に成ると、少し重い(200g→240g) 少しシナル(軽量アルミハンドル並み)

に成った。と言う感じ。

見た目は・・・インパクトある~~~!

やはり今どきはコレかね! と言えるかも?

ブレーキの引き(機械式ディスクブレーキ)や、変速(ワイヤー引きの12s)のレスポンスは全く問題なし。従来通り引きも軽く、レスポンスも何ら問題ない。

 

これで、オリジナルハンドルも2種類の形状になりました。

用途に合わせてハンドルも選ぶ時代ですね~

 


カテゴリ:

< ワイヤー内蔵 対応ステム も登場です。  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2020/01/10ハンドル

ワイヤー内蔵 対応ステム も登場です。

前回 新製品として紹介したハンドル HAC1 に対応するステム STMAA1をご紹介   ハンドルの中にワイヤー類が通っても、ハンドルとフレームを繋ぐ ステムの中にもワイヤー...

続きを読む


2020/01/07ハンドル

新型 カーボンエアロハンドル HAC1 入荷です

最新規格に対応した カーボン エアロ ハンドルバー  HAC1 が入荷しました。 入荷したのは年末だったけどね~   最新規格 のカーボンハンドルとは?? なん...

続きを読む


2018/01/05ハンドル

カーボンハンドルを5年使い続けてみたら

Project-Kが ノーマークですがカーボンハンドルを販売している事は、、、 知ってる人は知ってる??程度かな??? 最初に発表したのが2013年だから、、既に5年に成るんですね。...

続きを読む


Page top