HOME > ブログ > ウェア > 色々考えると、最強のレインウェアかも?

ブログ

< 話題のアノ!レバーが来ました  |  一覧へ戻る  |  1000km用装備は、こうだった。 >

色々考えると、最強のレインウェアかも?

表題読んで、ソレ イラナイカラ・・・・

と、思った方~~~~~~
帰ってきてww

まぁ、素直に言います。
普通はこんなレインウェアは使わないですよ って思いますよね。
でもね、これ色んな意味で、最強かも? って思うんですよ。
Sportful  HOT PACK NORAIN
     ULTRALIGHT JACKET

と言う商品なんですが、
なにが凄いって、軽い! たった105gしかない。
小さくなる!

この背中に入ってるスタッフバックに収まって、サドルバックどころかポケットに入っちゃいます。

って事は、持って走る時に苦にならないサイズ&重量ですよね。
ロングライドを走る時って、雨・・降るかな??降らないかな??って思う事有りませんか?そんな時に持って行く雨具が大きいと、結局降らなかった時に、なんでこんなにデカいの持って来ちゃったんだろう。。って思いますよね。

その後悔が、次の時に置いていく判断の元に。。。。
そして降られて、また嫌悪感。。。。
この負の連鎖を断ち切る事が出来るサイズって重要だと思ってます。

更には
走っている時に雨に降られて・・・・
真夏の昼間なら、多少濡れても、問題は起きないんですが、
今時期や、夏でも高所だったり夜間だったりすると、気温が下がっています。
そう、、20℃以下で雨に降られて濡れちゃって。。。
更には走ってるから風も当たって、雨に体温奪われて。
これは、低体温症になる可能性が高まります。 成らなくてもカナリの体力奪われちゃうんです。
そう言う時に、一枚 雨を防ぐものが有れば。
無駄な体力の低下を防ぐことが出来れば。
少しでも、安全に楽しく走る事が出来ますよね。

でも、こんなに薄そうだと、良くないんでしょ?
って思われがちですが!!
そこが違うんですよ。
先ず、ファスナーはYKK製防水ファスナーを使用。
生地の縫い目は全て止水処理済み
使われている生地ですが、「RainLite」と言う生地を使用しています。
生地だけで検索すると 傘などにも使われてるらしい。。。
この生地
耐水圧 20,000mm
透湿度 MPV40,000/m2/24H

って事らしい。

耐水圧 20,000mmって ザックリ言って本格的登山用レインウェアとして、雨の中着るんだったらこれぐらいは欲しいよね。って数値。
って事は、これは本格的なレインウェアと同じように雨を防いでくれますよ って意味。
で、
透湿度 MPV40,000/m2/24H は、生地1㎡あたり24時間で40,000gの水分を透過できる事を表します。えっと、、、40L/1日って事ですよね。


ゴアテックスの透湿度が13,500/m2/24H らしいから、その約3倍
これは、カナリの数値では無いでしょうか。

完璧に汗を逃がす。。。なんて思ってませんが、他のレインウェアに比べれば、カナリ素晴らしい数値だと思っています。


更には、背中には
反射素材が使用されてます。
暗くなってからの使用にも気を使ってますね~

コレだけの機能が有って、この小ささならば、持って走っても苦にならないですよね。
ロングライドイベントを走る人には、雨の時の余裕を持った完走をサポートし
レーストレーニングとして走る人には、雨の時のパフォーマンスの低下を防ぎ
ツーリングとして走る方には、雨の景色を眺める余裕を生んでくれる。


そんなレインジャケットです。
一枚持ってて、損はない! 
言い切れます。
¥22,000-
チョットお高めですが、その価値は有る。

カテゴリ:

< 話題のアノ!レバーが来ました  |  一覧へ戻る  |  1000km用装備は、こうだった。 >

同じカテゴリの記事

2017/01/27club pkウェア

club pk オリジナルウェア 追加生産しました

一昨年 受注分のみ生産した club pk ジャージ 今回追加生産に合わせて、予備と言うか少しだけお手軽な物を生産です。 ジャージ(S/M/L/XL) 夏用 半袖 のみ バックポケットの左右が出し入...

続きを読む


Page top