HOME > ブログ > ホイール > ディンプル 45

ブログ

< 今、最も良いと思えるオイルをオススメしたい  |  一覧へ戻る  |  LAZERがお求めやすく・・・・・ >

ディンプル 45

先日から、ぼちぼち始めている新型リム
28mmワイド&ディンプル加工と、出来る事やってみた状態ですが
今回45mmハイトのクリンチャーを組んでみました。

スポーク数
フロント 18H
リヤ   21H (2:1)


重量(実測値)
フロント 660g
リヤ   790g 

合計   1450g

このハイトのクリンチャーとすれば、重量面も合格点では?と思うのですが~

そして、余り説明してこなかったのですが
このディンプルリムは、ブレーキ面にも加工がされています。

すこし、模様が見えるでしょ?
表面に細かな凹凸を作り、放熱効果と制動力の両面をUPさせるように加工されています。
実際に、従来の物よりもブレーキの効きが良いですね。

性能的には
ブレーキ面の幅が25mm・
リム中央部(最幅部)が28mm という、卵型リムの特徴として
斜め方向からの風にも強く、オールラウンドに使えるエアロリムとして優れています。
空力なんて・・・という話もたまに聞きますが
時速30km を超える速度で有れば、必ず効果は感じられます。

ワイドリム故に、タイヤの幅は色々注意が必要・・と言われますが
実際には、23Cも使用可(リムより細く見えますが)
25Cが最適な幅
28Cまで使用可

実際、25C以上は、フレームを選んでしまう事が有ります。
2015年以前に設計されたフレームの場合、25Cのタイヤは使用できない事も有ります。その際は、23Cをご使用ください。

完成ホイール価格
¥130,000-

軽さと究極の空力の両方を同時に手に入れるホイールです。

カテゴリ:

< 今、最も良いと思えるオイルをオススメしたい  |  一覧へ戻る  |  LAZERがお求めやすく・・・・・ >

同じカテゴリの記事

2017/06/06ホイール

ディスクロードの進化の為に

大仰な書き出しだな。。。。 まだまだ少数派なディスクロード や ディスク・シクロクロス そしてグラベルロードの皆さん そして、ディスクロードってどうなの?って色々お悩みの皆さんの為に、こんな物を。 ...

続きを読む


Page top